スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報量が多いと信頼が増す 

記事の量を増やすことが大切 だという記事を書いてきました。

記事の量は多ければ多いほど、信頼が増してくると言えます。

たとえば・・・
わたしは個人的にコスメが大好きで、ネットでもよく購入します。
これを買おうかな~と思ったら、ネットでいろいろと情報を調べます。

肌にどのように良いのか、どんな成分が含まれているのか、
実際に使った人の評価を知るために、口コミサイトも確認します。

欲しい商品が1つであっても、他にどんな商品を置いているのか、
どういうショップなのか、どういう手順で購入するのか、
返品も受け付けているのか・・そのサイトのいろんなページを確認します。

でもこれが、もしも「肌にとても良いです」とあるだけで、
どのようにいいのかも、成分の記載もなく、
どんなショップなのかもはっきりしない上に、
口コミもほとんどなかったら・・・

わたしなら不安になって買う気がしなくなります。

それが実際に良いものであっても、信頼していいのかどうか
判断する材料がないからですね。


これは商品だけでなく、サイト・ブログでも言えますよね。

書かれている情報の全てを信用するかどうかは別ですが、
情報量は多いほど信頼性は増してくる と言えます。

情報の出し惜しみはしない方がいいですね。
知ってる情報はどんどん提供した方がいいです。
知りたくない人は、勝手に自分が知りたい情報だけを選んで見ます。

だからこそ、選んでもらえるだけの情報量が必要なんですね。


【関連記事】
人は量に反応する

ランキングに参加しています。
お手数ですがポチッとクリックしていただけると泣いて喜びます(T_T)
よろしくお願いします。
  ⇒にほんブログ村 - アフィリエイト
  ⇒人気ブログランキング - アフィリエイト

ご感想、ご質問、ご相談、世間話などなど・・・
なんでもお気軽にメールくださいませ♪
  ⇒ニコへのメールはこちら

スポンサーサイト

人は量に反応する 

「情報は質よりも量の方が大切」と書きましたが、
もちろん「量」さえあれば「質」が低くてもいい・・ということでは
ありませんよ・・・念のため。。。

ただ「人は量に反応する」という結果が実際にあるのです。


テレビショッピングを見ていると、
「今買うとこれをプレゼント!さらにこれも!さらにこれも!・・」
・・・というのをよく見かけます。

それなら元の商品の値段を下げて欲しい・・・とも思うんですけど・・

値下げをするよりも、「おまけ」をたくさん付ける方が、
お得感が増すし、実際にその方がよく売れるからですね。


物販と情報は違うかもしれませんが、情報商材においても
「量」を多くする例はよくあります。

「この商材を買うと、この特典プレゼント!」

アフィリエイターさんもよくやりますね。
「このページから買ってくれたら、私からこの特典をプレゼント!」


冷静に考えてみて・・・その「おまけ」は必要なものでは
ない場合もあります。

それでも「おまけ」のないところから買うよりも「おまけ」の
あるところで買いたい・・・と思ってしまうのも人の心理です。

物販でも情報でも、やっぱり「おまけ」があると
お得だと思ってしまいます。

それが必要のないものでもあっても、「おまけはただ!」だからです。


ブログ・サイトの記事も、これと同じことが言えると思います。

記事の「質」の良し悪しを決めるのは、書いた自分ではなく、
読んでくれる人です。

自分で「質」にこだわって自信満々のつもりで書いても、
読んでくれる人には必要のない情報の場合もあります。

逆に、何気なく書いた記事が、読者の求めているものの
場合もあります。

「質」こだわり過ぎて「量」がおろそかになるのなら、まず「量」増やして、
たくさんの記事の中から、読者にとって必要な情報を選んでもらう・・・
・・というのもひとつの方法だと思います。


【関連記事】
情報量が多いと信頼が増す

ランキングに参加しています。
お手数ですがポチッとクリックしていただけると泣いて喜びます(T_T)
よろしくお願いします。
  ⇒にほんブログ村 - アフィリエイト
  ⇒人気ブログランキング - アフィリエイト

ご感想、ご質問、ご相談、世間話などなど・・・
なんでもお気軽にメールくださいませ♪
  ⇒ニコへのメールはこちら

ブログの情報量を増やすこと 

ブログをやっていると、記事がなかな書けない・・ということがあります。

時間が思うように取れない・・、書くテーマが思いつかない・・・
・・など、いろいろな理由があると思います。

来てくれる人は情報を求めてくるのだから、しっかりした情報を
発信しなくてはならない。

・・・こう思ってしまうと、なおさら書けなくなってしまいます

でも、しっかりした情報はあまり考えない方が良い場合もあります。

なぜなら、情報は質よりも量の方が大切だという考え方もあるからです。

もちろん、記事の「質」が良いに越したことはありません。
「質」が高くて、情報量も多ければ申し分のない記事になります。

でも 「質」にこだわり過ぎて記事が書けなくなる方がマイナスです。


たとえば、
質の高い情報が2~3ページのブログ・ウェブサイト
情報量の多い100ページのブログ・ウェブサイト


どちらを見たいと思うか・・・ということです。


いくら質の高い情報を提供していても、2~3ページしかないと、
読み終わったらもう訪れてはもらえません。

逆にページ数(情報量)が多いと、その中から興味のある記事を
探そう・・と思って、何度も訪れてもらえるかもしれません。


あまりにも内容のない記事をダラダラと何ページにも及んで
書き続けている場合は問題外ですが、
その中に質の高い情報がいくつか含まれていると、
その情報を求めて来てもらえます。


本を読んでいてもそうですね。

すべてのページで一語一句重要なことばかりが書かれているわけでは
ありません。
それだと読んでいて疲れてきます。

適度に遊びの文、繋ぎの文の中に、重要な情報が入ることで、
さらに情報の質が生きてくることもあります。

とにかくまずは、質よりも情報量を意識して増やすことが大切ですね。


【関連記事】
情報量が多いと信頼が増す
人は量に反応する

ランキングに参加しています。
お手数ですがポチッとクリックしていただけると泣いて喜びます(T_T)
よろしくお願いします。
  ⇒にほんブログ村 - アフィリエイト
  ⇒人気ブログランキング - アフィリエイト

ご感想、ご質問、ご相談、世間話などなど・・・
なんでもお気軽にメールくださいませ♪
  ⇒ニコへのメールはこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。