スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleアドセンスの無料DVD 

これからアフィリエイトを始めようと思う方は、まずはGoogleアドセンス
オススメです。

わたしも1番最初はGoogleアドセンスでした。

これからアドセンスを始めようと思う方、または、
アドセンスで思うように収入がない方へ、

1000名限定のアドセンス無料DVDの紹介です。

続きを読む ≫

スポンサーサイト

Googleアドセンスとは 

わたしが1番最初に始めたアフィリエイトは、
Google AdSense(グーグルアドセンス)です。

自分のホームページかブログに、Googleに登録されている広告が表示され、
その広告がクリックされた回数に応じて報酬が入ります。

表示される広告は、自分のサイトの属性に合わせて、同じキーワードの
広告サイトが自動的に表示されます。

自分で広告サイトを選ぶことはできませんが、キーワードと関連性の
高い広告が表示されるので、特に違和感はないと思います。

広告が横に並ぶタイプはサイトの上や下に、縦に並ぶタイプはサイドバーに、
Webページのデザインにあわせて選ぶことができます。

たとえば、Google検索で、「サプリメント」と言葉をいれて検索すると・・・
表示されるページの1番上と右横にスポンサーリンクと表示された場所にある
サプリメント関連のサイトがそうです。

この「スポンサーリンク」を自分のサイトやブログに乗せるんですね。

わたしの趣味の癒し系サイトに表示されている広告です。↓
Google AdSense広告

ちょっと見づらいですがレイキやヒーリングなどの広告が表示されています。

自分のサイトを見に来てくれた人が、この広告をクリックしてくれると報酬が
入ることになります。

クリック報酬は決まっていません。
1クリックが数円のときもあるし、20円を越えるときもあります。
これはページのキーワードによって決まります。

広告主は、キーワードによる広告場所をお金を払って買うわけです。
このときに、同じキーワードで競合するWebサイトが多いと、
より上の方に表示されるようにするために、広告主はより高いクリック単価
を支払うことになります。

逆に競合するキーワードが少ないと、安い広告料でも上に表示されるため
クリック単価が安くなります。

これが、Google AdSense(グーグルアドセンス)の仕組みです。

アドセンス広告の実際の収益例
Googleアドセンスで収益をあげる方法

ランキングに参加しています。
お手数ですがポチッとクリックしていただけると とても嬉しいです。
よろしくお願いします。
  ⇒にほんブログ村 - アフィリエイト
  ⇒人気ブログランキング - アフィリエイト

アドセンス広告の実際の収益例 

報酬は米ドルで決定し、そのときの為替レートで日本円に
変換して支払われます。

たとえば、4月1日から4月30日までの収入は、支払われる5月末の為替レート
1ドル=93.647円で振り込まれました。

5月の わたしのGoogleアドセンス収益はこれです↓

Google AdSense収益例

これは 6月末の為替レートで日本円の収益が決まります。

たとえば、6月末の為替レートが94円だとすると、
364.04ドル=34,220円になります。

Googleアドセンスの収益は円高か円安かで収益がかなり変わって
しまうんですね。

1クリック単価
総収益(US$364.04)÷総クリック数(1,931)=1クリック単価(約0.189)

為替レートが94円とした場合、1クリック約17.8円ということになります。

実際にGoogleアドセンスを収入源にしようとした場合、
相当ページ数の多いサイトを持っているか、アクセス数の多い
場合じゃないと、あまり割りにあわない収入ではありますね。

Googleアドセンスとは
Googleアドセンスで収益をあげる方法

ランキングに参加しています。
お手数ですがポチッとクリックしていただけると とても嬉しいです。
よろしくお願いします。
  ⇒にほんブログ村 - アフィリエイト
  ⇒人気ブログランキング - アフィリエイト

Googleアドセンスで収益をあげる方法 

Googleアドセンスは、広告によってクリック単価はかなり違うんです。

これは、わたしのWebサイト別のクリック収益です↓
Google AdSense 収益例

収益(US$11.24)÷クリック数(45)=1クリック単価(約0.250=23.5円)
収益(US$104.31)÷クリック数(673)=1クリック単価(約0.155=14.6円)

日本円の為替レートは、5月末のレートにあわせて1ドル94円で
計算しています。

上は、クリック数は少ないけど、単価の高い広告のサイトで、
下は、クリック数は多いけど、単価の安い広告のサイトです。

アドセンス広告でより多くの収益を上げるためには、単価の高いキーワード
ページ数とアクセス数を増やしてして、よりクリック率を上げる工夫が
必要になります。

単価の高いキーワードは、広告主の多いサイト、
健康・サプリメント関連、美容・ダイエット関連、金融関連などがあります。

こういったサイトを作るためには、自分でもいろいろと勉強して、ある程度
知識をつける必要があるので、結構大変だと思います。

たまに、あまり内容のないページにアドセンス広告を載せてるサイトも
見かけますが、Googleのチェックが入って、サイトを改善するように
忠告を受ける場合があるようです。
・・・・わたしは忠告されたことがないので詳しくはわかりませんが

さらに、アドセンスのアカウントを剥奪される場合もあるので、
やはり内容のあるしっかりとしたサイトを作るべきだと思います。

いくらページ数が多くて、アクセス数の多い優良なサイトでも、
たとえば「ことわざ辞典」とか「日本昔話」のようなキーワードでは
関連広告はほとんどなく、クリック単価も極端に安くなるでしょう。

ただ、一度サイトを作り上げてしまえば、広告は載せっぱなしで、
ほおっておいても、アクセスがある限り定期的な収入になる・・という
メリットはあります。

気合を入れて、サイトを作り上げることのできる方にはいいかもしれません。

わたしが運営している、とくにテーマもない日常的なブログ・・・その日あった
出来事や思っていることを書いているだけの趣味のブログなのですが、
アドセンス広告を載せて、5月の収益は、US$47.67・・・
為替レートが94円の場合、4,481円の収益です。

Google AdSense 収益例

1日のアクセス数が200人にも満たない、特にテーマのないブログでも、
Googleアドセンスの広告を載せてるだけで収益になるのは
ありがたいことではありますね。

Googleアドセンスとは
アドセンス広告の実際の収益例

ランキングに参加しています。
お手数ですがポチッとクリックしていただけると とても嬉しいです。
よろしくお願いします。
  ⇒にほんブログ村 - アフィリエイト
  ⇒人気ブログランキング - アフィリエイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。